コエンザイムQ10とは  [コエンザイムQ10とは] | イビキノン

「いびき/イビキ」でよく眠れない方、睡眠は十分なのに昼間も眠い方にイビキノン

いびき/イビキを静める活性化CoQ10

about_company2.png

HOME > コエンザイムQ10とは

CoQ10とは

コエンザイムQ10って何?

このコエンザイムQ10は、 2001年、厚生労働省から食品として認可されたばかりのまだ新しいサプリメントです。
最近、よく耳にするようになりましたが、まだ詳しく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

コエンザイム(coenzyme)は「補酵素」という意味です。酵素反応に必要な有機化合物のことです。というと難しく聞こえますが、体内のあらゆる細胞のミトコンドリアの中にあるもので、食べたものをエネルギーに変える酵素反応を助けて、細胞の活動を活発にしている栄養素です。
ちなみにQ10とは、化学構造式で表したときに「イソブレン」という物質の鎖が10個つながっていることから名付けられています。


コエンザイムQ10

コエンザイムQ10はビタミンによく似た働きをするので「ビタミンQ」とも呼ばれています。
つまり、コエンザイムQ10は食べたものを燃やすビタミンといえます。


iwashi.gifコエンザイムQ10は、食事から補給することもできます。
レバーや牛肉、カツオ、イワシ、ブロッコリー、ほうれん草などコエンザイムQ10を多く含む食品があります。しかし、含有量が少なく、また脂溶性で吸収されにくいため、通常の食事では1日あたりせいぜい10mgほどしか摂れません。例えば、イワシで望ましい量のコエンザイムQ10を補給しようとすると20匹ほど食べなくてはならず、現実的ではありません。


このように、食事からの補給だけでは必要なコエンザイムQ10を賄いきれないので、実は肝臓で合成されています。

しかし、肝臓での合成も20歳代をピークに年齢を追うごとに減少し、40歳代では約半分となって不足状態、80歳代ではさらに減って1/3ほどになります。

このコエンザイムQ10の不足によって細胞のミトコンドリアで作られるエネルギーが十分でなくなって、あらゆる組織の活動が鈍り、本来持っている能力が十分発揮しにくくなります。


体内でエネルギー消費の大きい器官といえば心臓です。心臓の細胞は他の細胞より多くのコエンザイムQ10を含んでいます。

そのため、コエンザイムQ10が不足すると心臓にも影響が出てきます。エネルギーが不足して心臓の動きが弱くなり、動悸や息切れを起こしたり、全身の血液循環が悪くなってむくみとなって現れたりします。

日本では2001年に食品として認可されるまで心臓の働きを向上させる治療薬として使われていましたが、実は、欧米では20年以上、サプリメントとして絶大な人気を誇り一般に普及していました。
特にアメリカでは売り上げトップクラスのサプリメントとなっています。


コエンザイムQ10でダイエット

イビキノン

btn_buy.png

※60粒入りと180粒入り(お徳用)がございます。