コエンザイムQ10は、吸収力とパフォーマンスで選ぶ  [吸収力とパフォーマンス] | イビキノン

「いびき/イビキ」でよく眠れない方、睡眠は十分なのに昼間も眠い方にイビキノン

いびき/イビキを静める活性化CoQ10

about_company2.png

HOME > コエンザイムQ10は、吸収力とパフォーマンスで選ぶ

コエンザイムQ10 吸収率

吸収力とコストパフォーマンスが違う

コエンザイムQ10 吸収率比較

コエンザイムQ10はたくさん摂取しても効率よく吸収ができないことが問題でした。一般的に1日の目安は100mgと言われていますが、これは吸収されない分を考えているから。

原料の状態のコエンザイムQ10をそのまま摂取した場合は、摂取量の10%ほどしか吸収されません。つまり1日120mg飲んでも吸収されるのは12mg。

イビキノンのコエンザイムQ10は、吸収率が「通常の8倍」なので、イビキノン1カプセルに含まれる15mgで、通常の8倍の約12mgを吸収できます。
そして、1日あたりのコストは65円※。
※80カプセル5,250円、1日1カプセルとして。

だから吸収率に意味があるんです。イビキノンは無理なく効率よく、吸収量を高められます。

イビキノンはなぜ8倍の吸収率?

吸収力の秘密は乳化とミセル化

コエンザイムQ10は体内に吸収されにくいのが難点です。溶けにくいコエンザイムQ10の中で水に良く混ざっているのはイビキノン。

Q10は脂溶性(油に溶ける性質)で水に溶けないため吸収が悪いのです。体内に吸収されるのは摂った量のわずか10%程度。60mgを摂ったとしてもたったの6mgです。

exp_img05.gif右の写真はコエンザイムQ10を水に混ぜたもの。普通のコエンザイムQ10は混ざらずに固まりますが、イビキノンはよく混ざって牛乳のような状態です。これがコエンザイムQ10が吸収されやすい乳化です。


水に溶けるだけじゃない。ポイントはコエンザイムQ10のミセル化

exp_img01.gif脂溶性の栄養は腸で吸収される前に油に溶けた状態から胆汁によって「非常に小さな粒子」に変化する=ミセル化される必要があります。しかし、コエンザイムQ10が溶けている油がミセル化されにいため、脂溶性である普通のコエンザイムQ10は吸収が難しいのです。

また、水溶化加工のコエンザイムQ10も、粒子の大きいそのままの形では吸収されず、一旦脂溶性に戻ってからさらに油に溶け、その後ミセル化されることで、ようやく腸管で吸収される形になります。

イビキノンは特許製法の「活性化技術」で簡単にミセル化するように加工されたコエンザイムQ10のため、吸収がとてもよいのです。


イビキノンのコエンザイムQ10は通常の8倍の吸収率

イビキノンのコエンザイムQ10は、この活性化技術によって吸収率が「通常の8倍」。イビキノン2カプセルに含まれている30mgで、通常吸収される約3mgの8倍、つまり約24mgを体内に吸収できます。exp_img06.gif

この活性化コエンザイムQ10をビーグル犬に100mgを与えたところ、未処理に比べて約8倍の吸収率を示しました。

イビキノンは、この活性化コエンザイムQ10にビタミンEを配合した栄養補助食品です。


イビキノン

btn_buy.png

※60粒入りと180粒入り(お徳用)がございます。